2006年05月27日

HAZE

ヘイズ.jpg
タイトル:HAZE
製作  :2005 日本
監督  :塚本晋也
出演  :塚本晋也、藤井かほり、村瀬貴洋、神高貴宏、辻岡正人

塚本晋也監督の最新作である「HAZE」は、一時間弱の上映時間の間、
かなりエグイ映像が続くので気分を害す人もいるかもしれない。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

2 days

2days.jpg

タイトル:2 DAYS IN THE VALLEY
製作  :1996年
監督  :John Herzfeld
出演  :James Spader、Danny Aiello、Eric Stoltz、Charlize Theron

10人の登場人物2日間を描いた今ではおなじみとなった群像劇。
ジェームズ・スペイダー、ダニーアイエロの二人が起こした殺人から様々な人々を巻き込んでいく。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

リトル・イタリーの恋

ITALY.jpg
タイトル:Love's Brother
製作  :2004 Australia/UK
監督  :Jan Sardi
出演  :Giovanni Ribisi,Adam Garcia,Amelia Warner,
      JoePetruzzi,Rodney Afif

駆け込むように映画館に入った。
「リトル・イタリーの恋」の前知識はほとんど無い状態での鑑賞。
結果、おおいなる小品であった。
オーストラリアにあるイタリア移民街、リトル・イタリーに住む兄アンジェロと弟ジーノ。快活なジーノに比べて内気なアンジェロはお見合い写真にジーノの写真を入れてしまう。
一方、貧しい村に住むお見合い相手のロゼッタはその写真を見て恋に落ちてしまうのだが、はるばるイタリアからオーストラリアに来たロゼッタを待っていた相手は、ジーノではなくアンジェロだった。
戸惑うロゼッタだがジーノにより惹かれていく。
しかし、ジーノにはコニーという婚約者がいる。
さてさて、どうなることやら…、といった展開です。
続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 15:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

イーオンフラックス

aeonflux.jpg
タイトル:Æon Flux
製作  :2005 USA
監督  :Karyn Kusama
出演  :Charlize Theron,Marton Csokas,Jonny Lee Miller,
      Sophie Okonedo,Frances McDormand

典型的なバカ!知るか映画。
物凄い狭い世界、人間関係の中だけの話なのに大げさに文明とか人類とかを出してくるんじゃない。
そんなことで関係ない奴を巻き込むな。
オマエの家の中で喧嘩しとけ。
続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 04:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

2046

2046.jpg

タイトル:2046
製作  :2004年
監督  :Wong Ka wai
出演  :Tony Leung、Gong Li、Faye Wong、Zhang Ziyi

いやー驚いたね。何が驚いたかって予告にダマされた自分自身に驚いたね。
当たり前のごとく木村にも驚いたし、トニー・レオンの格好良さにも驚いた。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

好きだ、

sukida.jpg
タイトル:好きだ、
製作  :2005 日本
監督  :石川寛
出演  :宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太、小山田サユリ

リアリティを感じさせるためには、無駄を多くすればいいと思う。
そりゃ、そうだ。
普段の生活で何かの目的に向わない行為のほとんどは無駄なのだから。
となると、映画なんてその無駄を描くのはかなり難しい。
無駄なカットばかり入れていたら限られた時間(大体は2時間以内ですね)では収まらなくなる。
といっても2時間じゃなくてもいいのだけど。
なんで2時間なのだろうか。伝統?興行的問題?人間工学?
まあそれはいいとして、とにかく映画は一つのカットの情報量を多くさせることによって、表現の幅を広げてきた。
なんて、よく分からないがそんな気がするのね。
でも無駄があった方が人智が及ばない映画の魔力が発揮されるだろうから、そっちも目指すわけ。
フィクションにリアリティを持たす技術の魔法を信じるかい?こりゃ、ややこしい。
さて「好きだ、」です。
続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

アンジェラ

angel_a.jpg

タイトル:ANGEL-A
製作  :2005年
監督  :Luc Besson
出演  :Jamel Debbouze、Rie Rasmussen、Gilbert Melki

ん〜、まぁ別に良いんじゃない?ってのが見終わった感想だった。
今回も愛を題材にしているわけだが、なにか勢い的な物が昔の作品に比べて劣っている気がした。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 14:47| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

うつせみ

3-iron.jpg
タイトル:3-IRON
製作  :2004 韓国/日本
監督  :Ki-duk Kim
出演  :Seung-yeon Lee、Hyun-kyoon Lee、Hyuk-ho Kwon

「観念オバケVS身体そのもの」
青年テソクは劇中ひと言もしゃべらない。
観ている私たちが彼の心を知るには、動きや表情で判断するしかない。
彼の行動とは他人の家に侵入し、物は盗まずその家で自分の写真を撮る。
あとは自分の家にいるかのように料理をしたり、風呂に入ったりごく普通の日常生活を過ごす。
なんだ、こいつは。と、思った。オバケかとも思った。
よく分からんのでオバケと仮定したら、彼に心や感情があるかはどうでもいいことだと思えた。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

CODE46

code46.jpg

タイトル:CODE46
製作  :2003年
監督  :Michael Winterbottom
出演  :Samantha Morton、Tim Robbins、Jeanne Balibar

同一の遺伝子同士での生殖を禁じるcode46法。その法律を基に遺伝子操作の危険性などをウィンターボトムは伝えたかったのだと思う。
だが、code46が何の為に存在する法なのかは一切触れていない。知っていてあたりまえの様に話が始まりそして終わる。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

イギリスから来た男

LIMEY.jpg

タイトル:THE LIMEY
製作  :1999年
監督  :Steven Soderbergh
出演  :Terence Stamp、Peter Fonda、Barry Newman

監督がソダーバーグ、主演がテレンス・スタンプ、共演がピーター・フォンダ。
テレンスとピーターの共演ってだけで60年代〜70年代に映画の青春があった人は脳汁でまくりだろう。
だがオレはその頃産まれてもいなかったので脳汁は出ない。出ないけれども英米の渋いオッサンの共演は心が躍る。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 06:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

シリアナ

syriana.jpg
タイトル:Syriana
製作  :2005 USA
監督  :Stephen Gaghan
出演  :Kayvan Novak、George Clooney、Amr Waked、
      Christopher Plummer、Jeffrey Wright

「世界で最も恐ろしいタブー、解禁」
これが「シリアナ」のキャッチコピーだ。
たしかに恐ろしい。
戦争がある特定の利権を握っている人間によって動かされているという恐怖より、組織や社会の底辺の人間はいずれも犬死することによってしか世界を垣間見ることが出来ないということの方がよほど恐ろしい。
この場合の「世界」という言葉は「真実」と置きかえてもよいし、
「システム」と置きかえてもよい。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

アモーレス・ペロス

amores.jpg

タイトル:AMORES PERROS
製作  :1999年
監督  :Alejandro Gonzalez Inarritu
出演  :Emilio Echevarria、Gael Garcia Bernal、Vanessa Bauche

『パルプ・フィクション』とよく比較されると言うか、大抵の人はこの映画を説明する時にパルプ〜に似てると言う。
監督は『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。覚えるのがかなり困難な名前をしている迷惑な奴だ。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

クラッシュ

crash.jpg
タイトル:Crash
製作  :2004 USA/Germany
監督  :Paul Haggis
出演  :William Fichtner、Don Cheadle、Matt Dillonm、
      Jennifer posito、Sandra Bullock

出会い頭に事故ひとつ。
すれ違いには摩擦なし。
こころの変化も状況次第。
というわけで、LAの人種間の摩擦を描きながら、
緻密な脚本のもとにそれぞれの登場人物を関わらせているのが
「クラッシュ」であります。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

historyofviolence.jpg
タイトル:A History of Violence
製作  :2005 USA
監督  :David Cronenberg
出演  :Viggo Mortensen、Maria Bello、Ed Harris
      William Hurt、Ashton Holmes

思い出してみるに、あの強烈な暴力シーン以外は覚えてなくて
「では何だったのだろうこの映画は」と思ってみると、
愛と暴力の映画であるとしか言い様がないものだった。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 14:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

エノケンの法界坊

enoken.jpg
タイトル:エノケンの法界坊
製作  :1938 日本
監督  :斎藤寅次郎
出演  :榎本健一、宏川光子、小笠原章二郎、
      柳田貞一、中村是好

エノケンの音楽は前から存じ上げてまして、
「狭いながらも楽しい我が家〜」なんて歌いながら
今的に言うとALWAYSな感覚を刺激されていました。
喜劇俳優であるエノケンが歌う唄はとても表情豊かであり、
それはこの人の存在そのものが豊かであるのではと思っていました。
 
続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

サイレン

silen.jpg
タイトル:サイレン
製作  :2005 日本
監督  :堤幸彦
出演  :市川由衣、森本レオ、田中直樹、西田尚美、阿部寛

おそらく馬鹿にされてると思う。
普通に考えるとこのような映画にはならないだろう。
わたしは原作を知らないのでこの映画の出来で全てを判断するのだが、
こんなゴミ映画なんてクシャクシャポイだ。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 16:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

Eli.jpg
タイトル:Eli,Eli,Lema Sabachthani?
製作  :2005 日本
監督  :青山真治
出演  :浅野忠信 、宮崎あおい 、中原昌也 、筒井康隆 、戸田昌宏

音楽がテーマであるだけで「ああ良いなぁ」と想ってしまったのだが、
熱心な映画ファンの方からしてみればえらく基準が低いと思われるかもしれない。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

尻怪獣アスラ

ass.jpg

タイトル:RECTUMA
製作  :2004年
監督  :Mark Pirro
出演  :ビル・デブリン、ダニー・レオン

なんて言ったら良いんだろうか、とにかくケツが巨大化します。
そもそもメキシコでカエルにレイプされたのが原因だとかそんな設定はこの映画にはいらないよね。
だって巨大なケツが汚物をまき散らしながら町を襲うんだぜ。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 02:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

黒いジャガー SHAFT

shaft.jpg

タイトル:SHAFT
製作  :1971年
監督  :Gordon Parks
出演  :Richard Roundtree、Moses Gunn

ブラックスプロイテーションムービーのなかでもっとも有名な作品の一つ。
ストーリー自体はちょっとアレな感じだが、この映画にそんな物を求めるのはアニメでも見てなさいと言いたい。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。