2005年11月30日

フェイス

face.jpg

タイトル:FACE
製作  :1997年
監督  :Antonia Bird
出演  :Robert Carlyle、Ray Winstone、Philip Davis

自分の中では一番好きなロバート・カーライルだなってのが最初に思った感想。
この映画は二回見るべきだと思う。二回目に表情から出演者の心理を考えるとまた違った楽しみが出来る。


ロバート・カーライルの演技がこれまた素晴らしい。
彼の気持ちがしっかりと表情に出ていて監督が伝えたい事がこちらに伝わってくる。
脇役も個性的で面白かった。特にデイモン・アルバーンの下手くそな演技のぎこちなさが丁度役どころに合っていた気がする。

部屋の中のポスターがケン・ローチ監督の映画のポスターだったのが笑えた。

イギリス映画らしい良いところが見れたなって思った。

(knz)


【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9982859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。