2005年10月15日

パニッシャー 

pun.jpg

タイトル:THE PUNISHER
製作  :2004年
監督  :Jonathan Hensleigh
出演  :Tom Jane、John Travolta、Will Patton

アメコミの実写であり、ドルフ・ラングレンが15年ぐらい前に主演したリメイク。
今までの色々なアメコミ映画を観てきたが、他とは大きく異なり主人公が普通の人間だった。


普通の人間っていっても元FBIだからそれなりにすごいのだろうけど、他の映画と比べれば腕から糸は出ないし、手から刃やら目から光線もでない。
そういったギャップがあるからボコボコになりながらも敵を倒して行く様が際だって凄く見えたのかもしれない。

数あるアメコミ映画の中で『バットマン・リターンズ』に続く面白さだったと思う。
CGもあまり使っておらず、それといった激しいアクションシーンもこの手の映画にしては少なかったが面白い。
主役のトム・ジェーンの声が”パニッシャー”のキャラクターにマッチしている。

見る人が見たらつまらないと思うギリギリの線で勝負しているこの手の映画が自分は大好きなんだなって改めて実感した。

(knz)


【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 12:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットで広いタイトルなどをドルフしたかった。


Posted by BlogPetのリンリン at 2005年10月18日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。