2005年09月21日

ボーン・アイデンティティー

BourneIdentity.jpg

タイトル:THE BOURNE IDENTITY
製作  :2002年
監督  :Doug Liman
出演  :Matt Damon、Franka Potente、Chris Cooper

ロバート・ラドラム原作のジェイソン・ボーン3部作の1作目。マット・デイモンがジェイソン・ボーンを演じる。

記憶を無くしたジェイソン・ボーンが口座番号の手がかりからスイス銀行に向かう。
記憶は無くしているが、体は勝手に動き何故かやたらと強い。そして自分は何者かを探しに行く。


始まって少ししたら『ロング・キス・グッド・ナイト』と同じ設定な事に気が付いた。
個人的には『ロング〜』が好きな映画なので別にパクリでも全く気にしないのだけど、そこまでパクリってわけでもないし、『ロング〜』みたいにドンパチが少ない。
どうせならサミュエルみないなインパクトのあるキャラも欲しかったが、この映画は舞台が冬のヨーロッパってのもあり全体的に暗い雰囲気がでているのでサミュエルのキャラがいたら少々浮いてしまうかもしれない。

アクションもCGを使っておらず、計算されつくしたカーチェイスや格闘シーンは観る価値がある。
最近のアクションの様に銃撃戦の迫力で観客を楽しませるのではなく淡々と当たり前の様に凄いことをこなしていく主人公に魅せられる。

ただ、3部作の1作目だから仕方ないのだろうが、いまいち説明のないまま終わってしまいスッキリしない。

最後の階段でのそれは無いだろうってシーンとヒロインについては触れないでおこうと思う。

(knz)


【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。