2005年09月15日

ブラック・シーザー 

blackcaesar.jpg

タイトル:BLACK CAESAR
製作  :1973年
監督  :Francois Dupeyron
出演  :Fred Williamson、Gloria Hendry、Art Lund

黒人版『ゴッドファーザー』と言われている70年代の代表的ブラックムービー。
主人公が靴磨きから街の顔役までのしあがっていく物語。

反差別を訴えているように見えるが、正直そこまで差別への主張はみられない。
というか、いまさらこの程度は見慣れてしまっているためかもしれない。


その後ホラー路線へと突き進んでいったラリー・コーエン監督だが、この映画ではものすごく行き当たりばったりな感じがした。

差別への怒りなのか個人的な怒りなのかが、もしくは両方なのかわからないが、ラストの熱演は見ていてグッと来るものがあった。

結局はどう成り上がっていこうが「シーザー」なのであって、結末は悲しいものであった。

この時代のブラックムービーはとにかく曲がよい。
今作はジェームス・ブラウンが担当している。切なくなる歌詞が字幕で流れ、それが映画とマッチする。
最高にマッチした瞬間は身震いが起きる、それ程この時代の曲には差別への怒り、悲しみ、その中でどうやって生きていく事が誇らしい生き方かを心に訴えてくる。

(knz)



【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。