2005年09月09日

イブラヒムおじさんとコーランの花たち

coran.jpg

タイトル:MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN
製作  :2003年
監督  :Francois Dupeyron
出演  :Omar Sharif、Pierre Boulanger、Gilbert Melki

タイトルにコーランとあるのでイスラム教の事を色々教えてくれるのだろうと思っていたがそこまでイスラム教のことについては触れていなかった。

だが、幸せに生きていくには笑顔が必要だと大切な事を教えてもらった。


『アラビアのロレンス』で名演をしたオマー・シャリフ演じるイブラヒムが近所に住んでいる父親の愛情を受けない可哀想なモモの心を癒していく。

両親の離婚のため離れ離れになった利口な兄と比べられ落ち込むがそれでも父の気を引きたくモモは背伸びをする。しかし父親は気にもとめない。
そんなモモをやさしく見守っていたイブラヒムとモモの会話によりコーランの教え、そして幸せに暮らして行くのに必要な事を語られる。

兄の様に本を読めと父は言う。イブラヒムはコーランがあれば十分だとモモに言う。
だが実際は沢山の本を所有している父親よりたった1冊のコーランを持つイブラヒムの方が人生を楽しんでいる。

自分が教えられた事を次の世代に教える。そういった素晴らしい事をこの映画は教えてくれる。
当たり前の事の様に思えるが、世の中には自分の子供をまともに育てられない親が沢山いる。
そんな当たり前で理想的な教育のあり方をほのぼのとしたタッチで教えてくれる。

所々疑問に感じた事が解明されないまま終わられるので物足りなさが残ったが、わかる人にはわかったのかもしれない。

途中から旅に出てロードムービーになるが、こんなにも景色や心が美しくゆったりとしたロードムービーは初めての経験。

(knz)



【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 15:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルや、広い必要と、タイトルや、コーランとかを製作したいはずだったの♪


Posted by BlogPetのリンリン at 2005年09月10日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。