2005年08月14日

デアデビル

DAREDEVIL.jpg

タイトル:DAREDEVIL
製作  :2003年
監督  :Mark Steven Johnson
出演  :Ben Affleck、Jennifer Garner、Colin Farrell

ベン・アフレックが、幼少の頃放射性物質を目に浴びて盲目になってしまった主人公を演じる。
目は見えないが、変わりに感覚が研ぎ澄まされ超感覚を得る事になり、自分の父親を殺した"悪"という存在を昼は弁護士をして裁き、夜は法をすり抜けた"悪"をデアデビルとして裁く。


ベン・アフレックのせいなのか、何かほかに原因があるのか解らないが、何故か地味な感じがする。
アメコミヒーローで超感覚といった新しい能力であるにも関わらず、あまりその能力を使いこなしている感じがしない気もする。
弾が飛んでくると超感覚で軌道がわかり避ける事ができるが、基本的に主人公ってのは弾が当たらないので別段すごいと思わえない。

動けるヒロインジェニファー・ガーナーはナイスキャストだと思う。しかし最大の誤算はマイケル・クラーク・ダンカンであろう。
巨漢の怪力設定なのだが、びっくりするぐらいお粗末な演技になっていてラストの戦闘シーンなどちょいと見るに耐えないかった。

それらの全てをカヴァーする事になった名演がコリン・ファレル演じる"ブルズ・アイ"である。
キャラが立っていて、地味な主人公を完全に食ってしまっていたのを見て『バットマン』のジョーカーとの関係に似ているなと思った。

『エレクトラ』が先日上映されたが、本作の続編は出ることが無いまま終わりそうだ

(knz)

banner_01.gif
【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画『デアデビル』
Excerpt: 原題:Daredevil  ??"ブルズアイ(大当たり)"?? アメリカンコミックの映画化でスパイダーマンに似たところもあるが、ただのヒーロー物ではない。盲目だが..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-08-29 01:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。