2005年04月22日

ビッグ・リボウスキー

bigLebowski.jpg

タイトル:The Big Lebowski
製作  :1998年
監督  :Joel Coen
出演  :Jeff Bridges、John Goodman、Julianne Moore、Steve Buscemi

未だにヒッピーを引きずっている感じの無職の中年デュード(ジェフ・ブジッジス)はある日帰宅すると、2人組の強盗に女房の借金を返せと襲われる。
しかしデュードは独身なのでいったいなんの事やらわからない。デュードは本名のリボウスキーが富豪と同名だった為に襲われたと犯人に言われる。
そんな話をいつものボーリング場でいつもの仲間に話すと、ジョン・グッドマン演じるウォルターが富豪のリボウスキーにカーペットを弁償してもらえとけしかける。
デュードは富豪のリボウスキーの大豪邸に行くが、ふざけんなとばかりに追い出される。しかし数日後に富豪の秘書から呼び出され富豪の妻が誘拐された事件に巻き込まれていく。


監督はジョエル・コーエン、脚本はイーサン・コーエン。
この作品はコーエン兄弟がジョン・グッドマンの才能にほれ込み彼の為に脚本を書いた。
基本的にはコメディー映画なのだが、全体を通してゆるーい感覚で気持ちよく観れる。

主人公の70年代を捨てきれない大雑把な性格、ベトナム戦争帰りのウォルターが気持のいいぐらいトラブルメーカーであったりとキャラクターの設定が非常によく練り上げられ、それらの設定を無駄にする事無く上手に使っていると思う。
特にウォルターは最初から最後までベトナム帰りだといった印象を忘れさせることなく演じている。
さらにはコーエン映画といえばのスティーブン・ブシェミ。ブシェミ演じるドニーとウォルターの絡みはこの作品のランクを二つは上げているであろう面白さである。
その他にはジュリアン・ムーア、ジョン・タートゥーロ、『ファーゴ』でブシェミと組んでいたピーター・ストーメア、同じく『ファーゴ』に出ていたフィリップ・シーモア・ホフマン、
レッドホットチリペッパーズのフリーなど、一癖もふた癖もあるキャストになっている。

(knz)
【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 12:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうグッドマンの、本名に出演したかった。
しかしリンリンは監督しなかったー。
しかしリンリンは、富豪は誘拐したかったの♪
しかしきのうグッドマンで、借金したかも。
しかしグッドマンとここまでスキーに出演したかったの♪
しかしここにボーリングするはずだったの。
Posted by BlogPetの「リンリン」 at 2005年04月22日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3095995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。