2005年04月10日

鉄人28号

tetsujin.jpg

タイトル:鉄人28号
製作  :2005
監督  :冨樫森
出演  :池松壮亮、蒼井優、香川照之、薬師丸ひろ子

「非バランス」「ごめん」と少年少女の小さな成長
丹念に描く冨樫森監督の最新作が「鉄人28号」であるのだが、
正太郎くんがいかに成長していくか、それが子供にどうのように響くか
それ一点に興味を持たざるをえないのは、
予算のせいか何なのかは分からない。


時代背景を現代にすることによって物語のリアリティをもたす
効果はあったと思うが、微妙にレトロな感じを受けるのは
鉄人28号とその敵であるブラックオックスの
CGの張りぼて感のなす技である。
それが良いか悪いかと言われれば、良いと思う。
鉄人28号がブラックオックス対して
なすすべなくビルに倒れていくシーンは、
「鉄人28号」という巨大な原作に対して、
なすすべなく倒れざるをえない製作側と観客側の気持ちが一致した、
爽快なシーンであります。
では、子供に受けたかというと私が観ていた時に後方に座っていた親子は
まあ面白いんじゃない、程度のリアクションしか見て取れなかったし、
原作が好きであろう中年のおじ様たちも
腕組して帰路につく姿が目に付いたのです。
結局のところロボットアクションとしても成長物語としても空回りしたな、
と思うしかなかったのがこの作品の全てではないのでしょうか。
でも正太郎君が死んだ父の遺言を受けて、走り出すシーンは
この映画のハイライトであり、瑞々しい印象を私に与えてくれたので
それだけでも良いではないかと思う次第でございます。

(文化遺産)

【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 13:21| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして!

 正太郎の成長物語として鉄人を脇にやるか、はじけて鉄人VSブラックオックス戦をやるかどちらかはっきりしていればもっと評価が良かったのかもしれませんね〜。
 せめておじさんたちのためにサーチライトに浮かび上がる鉄人、くらいやってあげてもよかったのかもしれません。もしかすると監督はガメラが撮りたかったのかもしれませんね。
Posted by ちーず at 2005年04月14日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2879698
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

鉄人28号
Excerpt:  今日はバイトが休みだったので「鉄人28号」を観て来ましたよ。  舞台は現代の東京。  都心に突如現れた謎の巨大ロボット。そのロボット、ブラックオックスは街を破壊して去って行った。  捜査の結果、犯..
Weblog: 三畳間の全世界見聞録
Tracked: 2005-04-14 18:14

鉄人28号 今年の231本目
Excerpt: 鉄人28号 最初、風鈴買うところ、妻夫木聡 ?はいいんだケド、薬師丸ひろ子 、 申し訳ありません! 山田スミ子 やん! と、思ってしまいますた、、、 お母さんが似合う年齢なのね、、、 ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-11-29 14:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。