2005年03月30日

復讐者に憐れみを

hukusyuu.jpg

タイトル:復讐者に憐れみを
製作  :2002年
監督  :パク・チャヌク
出演  :ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナ


言葉を喋れないという状態で人はいかに世界と対峙し得るか。
聴覚障害者であるしシン・ハギュン演じるリュと、
リュの勤めていた工場の社長であるソン・ガンボ演じるドンジン、
そして資本主義の転覆を目指す(どこまで本気かわからないが)
ペ・ドゥナ演じるヨンミ。

この三人を中心に物語が進むが、それは誰かの心情や感情に
沿って進むというよりか、事実の総体として世界が動くといった様子である。
確かに暴力描写はとてつもなく痛々しく感じるのだが、
本当にイタイのは登場人物の誰一人として
コミュニケーションが成り立っていないことだろう。
最近見た映画の中では一番のディスコミュニケーション映画、おもろい!

(文化遺産)
【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2690924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『復讐者に憐れみを』
Excerpt: 新宿武蔵野館にて16:00〜。20分前に劇場に着き、窓口で1000円を支払う。 整理番号順の入場だが、見事20番をGETし、早めの入場。 無事、一番後ろの席に座れま..
Weblog: 『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』
Tracked: 2005-04-02 18:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。