2006年06月23日

DOOM

DOOM.jpg
タイトル:DOOM
製作  :UK/USA/Czech Republic/Germany 2005
監督  :Andrzej Bartkowiak
出演  :Karl Urban,The Rock,Rosamund Pike,
      Dexter Fletcher,Ben Daniels

え、ザ・ロック。レスラーだよね。
カール・アーバン?あ、『ロード・オブ・ザ・リング』のエオメル役の人ね。
なんて物凄い適当な認識しかないし、SFホラーアクションで銀座シネパトスってかなり渋いセレクションだと思いません?
臭いますよねぇ、香ばしい臭いが。
さて、
おもしろいよ!おもしろいよ!
『DOOM』に対して高い期待なんて出来ないのは皆さんもお分かりでしょうが、また、その期待を裏切るというB級のお約束を見事に果たしてくれました。
あーーーっと気がついてみたら内容はほとんど覚えてない。
どこが面白かったかは人には伝えられないという、この映画。
観てください、と言うことしか出来ないのだけど、映画館で観ないとあまり面白さが分からないかもね。
ちなみに『DOOM』はアメリカで大ヒットしているゲームが原作で、映画の後半ではゲームの画面のように一人称の視点で、出てくるエイリアンをぶっ倒すというのがあるのだが、これがまた、あまり意味がないというか、何のためにこんなシーンを挿入するのかが理解できないところが、愛らしいではないですか。
ということで『DOOM』は構えて観ずに、おもいきっり楽しんじゃいましょう。
(文化遺産)
【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。