2006年04月18日

エノケンの法界坊

enoken.jpg
タイトル:エノケンの法界坊
製作  :1938 日本
監督  :斎藤寅次郎
出演  :榎本健一、宏川光子、小笠原章二郎、
      柳田貞一、中村是好

エノケンの音楽は前から存じ上げてまして、
「狭いながらも楽しい我が家〜」なんて歌いながら
今的に言うとALWAYSな感覚を刺激されていました。
喜劇俳優であるエノケンが歌う唄はとても表情豊かであり、
それはこの人の存在そのものが豊かであるのではと思っていました。
 
エノケンの法界坊はフィルムの状態が
良くないので観にくかったのですが、
エノケンの動きのキレには目を見張るものがありました。
私は喜劇の系譜をたどることはできないのですが、
現代のお笑いの原型がエノケンに詰まっているように思えます。
つまりこれがエンターテイメントということでしょう。
(文化遺産)
【関連する記事】
posted by つるっと温泉卵 at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16709433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。