2006年03月06日

コマンドー 日本語版

KOMANDO.jpg

タイトル:COMMANDO
製作  :1985年
監督  :Mark L. Lester
出演  :Arnold Schwarzenegger、Dan Hedaya、Vernon Wells


君は昨夜の日曜洋画劇場を観たか!?

私はこのコマンドー日本語版を観る日をずっと待ってきた。
なぜなら何年も前、少年だった私はこの映画を
やはりTVで観て衝撃を受けたからだ。
日本語吹き替えの台詞廻しがあまりにも面白いからだ。

例えばチンピラの一人を崖から吊り下げ、
シュワちゃんに命乞いをするシーンがあるが
「お前を殺すのは最後だと、約束したな?あれは嘘だ!」と言って
崖に放ってしまう!酷い!
この間全て真顔。ケンシロウに近い。

現在、入手できるコマンドーのDVDは
全て日本語吹き替えが入っていない故、
何年もの間私はこれを観る事ができなかった。
何度か再放送してるんだろうけど見逃したりとか。

ストーリーは正直重要ではない。
なぜ奥さんがいないのか、
ヒロインの黒人女性はなぜシュワちゃんに協力するのか、
名乗ってもいないのにシュワちゃんはなぜこの女の名前を知ってるのか、
悪役ヴァーノン・ウェルズは全く鍛えてないだろ!
全て説明はない。

だがそんな事はどうでもいい。
純粋にB級であり楽しい。

そして何より黒幕役ダン・ヘダヤ!はまりすぎだ。
彼は「クルーレス」でアリシア・シルバーストーンの父親役をやってが
これを除いて殆ど善人役がない。
そして今回もやはり悪人。そして蜂の巣にされてた。

シュワちゃんの吹き替えの人は誰なんだろう。
あの無表情であの声、台詞廻しがとにかく笑える。
次は「ゴリラ」と「レッドブル」を日本語版で観なければ。

posted by つるっと温泉卵 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカデミー賞 結果

アカデミー賞結果

【作品賞】
◆「クラッシュ」

【監督賞】
◆アン・リー 「ブロークバック・マウンテン」

【主演男優賞】
◆フィリップ・シーモア・ホフマン 「カポーティ」

【主演女優賞】
◆リース・ウィザースプーン 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

【助演男優賞】
◆ジョージ・クルーニー 「シリアナ」

【助演女優賞】
◆レイチェル・ワイズ 「ナイロビの蜂」

【オリジナル脚本賞】
◆「クラッシュ」

【脚色賞】
◆「ブロークバック・マウンテン」

【撮影賞】
◆「SAYURI」

【編集賞】
◆「クラッシュ」

【作曲賞】
◆「ブロークバック・マウンテン」

【歌曲賞】
◆“It's Hard Out Here For A Pimp” 「ハッスル&フロー」

【美術賞】
◆「SAYURI」

【視覚効果賞】
◆「キング・コング」

【メイクアップ賞】
◆「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」

【衣装デザイン賞】
◆「SAYURI」

【音響効果賞】
◆「キング・コング」

【長編ドキュメンタリー賞】
◆「皇帝ペンギン」

【短編ドキュメンタリー賞】
◆A Note Of Triumph: The Golden Age Of Norman Corwin

【短編実写賞】
◆Six Shooter

【長編アニメーション賞】
◆「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」

【短編アニメ賞】
◆The Moon And The Son: An Imagined Conversation
 Badgegreen

【外国語映画賞】
◆「Tsotsi」(南アフリカ)

posted by つるっと温泉卵 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 興行収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。