2005年12月21日

そして、ひと粒のひかり

mfog.jpg

タイトル:Maria Full of Grace
製作  :2004 USA / Colombia
監督  :Joshua Marston
出演  :Catalina Sandino Moreno,Virgina Ariza,Yenny Paola Vega,
      Rodrigo Sánchez Borhorquez,Charles Albert Patiño

コロンビアの苦しい現実を描くことに成功しているのだが、
この映画を撮っているのがアメリカ人監督というのがよろしい。
それは最後にマリアが選び取る行為が底辺を生み出す
アメリカの資本主義システムに乗っかることであるという状況と、
アメリカのインディー映画でアメリカ人の(おそらく高学歴であろう)監督が
このようなテーマの映画を撮るという行為、
つまり告発するのはいつだってシステムの上部にいる者である
という状況が重なって、この映画が現実の複雑さをより濃く滲ませ、
善意のジレンマを感じさせるところが良い。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。