2005年06月30日

ダイナソー・ファイター カンフーVS.巨大恐竜

FUTURE.jpg

タイトル:FUTURE WAR
製作  :1997年
監督  :Anthony Dublin 
出演  :Daniel Bernhardt、Robert Z'Dar

なんとなくレンタル屋で目に止まったので借りてみた。サブタイトルがカンフーVS巨大恐竜であったので間違いなく駄作なのは誰の目にも明らかであった。

ストーリー説明には、サイボーグが支配する未来では過去から連れてきた人間を奴隷とし、さらに過去から連れてきた恐竜を逃げる奴隷の追跡用として飼育されていると書かれていた。
どうやらその人間の奴隷が何かしらの方法で現在の地球に逃げて来たらしく、そのお陰で恐竜まで地球に追いかけてきちゃってさあ大変って感じでした。

まず、観ながら何度もネットで本当に1997年の映画なのかを確認した。1997年といえば『タイタニック』がアカデミー賞を取り、同じ恐竜映画『ロストワールド』公開された年だ。
今作は疑いの余地が無く昭和50年代の臭いがする映像であった。いや、当時の円谷プロの方が圧倒的に技術が上回っているだろう。考え方によっては昔風に映像を再現した実験的映画かもしれない。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:09| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

catch.jpg

タイトル:CATCH ME IF YOU CAN
製作  :2002年
監督  :Steven Spielberg 
出演  :Leonardo DiCaprio、Tom Hanks、Christopher Walken

そういえばこんな映画あったな〜っ程度で観たのだけれど、スピルバーグのコメディタッチな映画は『フック』以来になるのかな?あの映画が個人的にはあまり受け入れられなかったけれど『キャッチミ〜』は非常にテンポが良く十分楽しめた。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

列車に乗った男

ressya.jpg

タイトル:L' HOMME DU TRAIN
製作  :2002年 フランス/ドイツ/イギリス/スイス
監督  :Patrice Leconte
出演  :Jean Rochefort、Johnny Hallyday

列車から革ジャンを着た男が疲れきった表情で降りてくる
街でようやく探しあてた一軒の薬屋で初老の男と出会う。
初老の男は革ジャンの男を家に誘う、そこから物語りは進んで行く。

寡黙な革ジャンの男(ミラン)と饒舌な初老の男(マネスキエ)がお互いの昔話をしていくうちに、心のどこかで自分が憧れていた事を相手の中に見つけ、惹かれあっていく。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

ドグマ

dogma.jpg

タイトル:DOGMA
製作  :1999年
監督  :Kevin Smith
出演  :Ben Affleck、Matt Damon、Jason Lee


この映画を見るにあたって重要なのは、キリスト教の教えとケヴィン・スミス監督を多少でも理解しているかである。
キリスト教を知らないと、キリストの末裔のヒロインが中絶クリニックで働いているとかぶっ飛んだ設定に笑えない。

キリスト教を本気でやっている人にとって怒り狂ってもおかしくない内容だが、ケヴィン・スミスを理解していればそこまで怒る事はないだろう。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

肉体の門

niku.jpg

タイトル:肉体の門
製作  :1964 日本
監督  :鈴木清順
出演  :宍戸錠、 野川由美子、 河西郁子、
      松尾嘉代

田村泰次郎の同名小説を「潮騒(1964)」の棚田吾郎が脚色
「花と怒涛」の鈴木清順が監督した風俗ドラマ。
撮影は「仲間たち」の峰重義。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

バットマン・ビギンズ

batmanbegins.jpg

タイトル:BATMAN BEGINS
製作  :2005年
監督  :Christopher Nolan
出演  :Christian Bale、Michael Caine、Liam Neeson、Morgan Freeman

6月18日21時35分、渋谷ピカデリーにてバットマン・ビギンズを観る。
裏切られなかった。
クリストファー・ノーランは見事にバットマンを復活させた。

振り返ると8年前のバットマン4作目はお世辞にも良いものとは言えなかった。シュワちゃんがガッハッハと笑いながら町をせっせと凍らせ、クリス・オドネル(ロビン)とジョージ・クルーニー(バットマン)が媚薬をかがされユマ・サーマン(敵役)をめぐって言い争っている姿しか印象にない・・・。
監督は第3作目に続き、ジョエル・シューマッカー。3作目では監督から製作にまわっていたティム・バートンは外れている。そのせいかキャラクターが暴走し、シュワちゃん映画になってしまった(まるでコマンドー冷凍編。)。バットガールの登場も少々強引であった。“ニューキャラ出しとけ”感がありましたよ。一体、誰がアリシア・シルバーストーンを推したのか。彼女はお気楽ティーンムービーが合っているのに!せめてジェニファー・ガーナー(エレクトラ)のように動ける人を出そうよ。
とにかくキャスティングが良くなかった。ユマ・サーマン・・・。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 20:39| Comment(4) | TrackBack(57) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

ネバー・ダイ・アローン

neverdie.jpg

タイトル:NEVER DIE ALONE
製作  :2004年
監督  :Ernest Dickerson
出演  :DMX、David Arquette、Michael Ealy

ギャング歴があり、獄中で書き上げた半自叙伝的小説以降15作品が全てベストセラーになった作家、ドナルド・ゴインズの小説をDMXが演じている。

退屈するんだろうな〜と思いながらDVDを再生をしたわけなのだけれども、見事に裏切られた。
楽しい映画、良い映画って訳ではないのだけれど、何か惹きつけられる深さがこの映画にはあった。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

DEMONLOVER

demon.jpg

タイトル:DEMONLOVER
製作  :2002 フランス
監督  :オリヴィエ・アサイヤス
出演  :コニー・ニールセン、クロエ・セヴィニー、
      ジーナ・ガーション、シャルル・ベルリング


表の顔と裏の顔を持っている人が、いつのまにか裏も表も
なくなってグッチャグッチャになっちゃたら、それはまさ
にその人そのものって言えるわけで、じゃあ最初から裏も
表もないんじゃないかと言われれば、ハイそうです、と答
えたくなってしまう。でも、グッチャグッチャだとさすが
に社会でやっていけないから、コインの裏表のようにきっ
ちり分けてみる。そしたら意外といけるもんねと勘違いし
てみたが、気が付いたら表も裏も分からなくなっちゃって
結局元の木阿弥。つまりこの映画は企業間スパイ合戦映画なのです。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

フォロウィング

following.jpg

タイトル:FOLLOWING
製作  :1998年
監督  :Christopher Nolan
出演  :Lucy Russell、John Nolan

クリストファー・ノーランが製作・監督・脚本・編集・撮影を手がけて作った作品。ノーランにとっては『メメント』よりも前に作ったデビュー作。

なんとなく町行く人の尾行を繰り返している主人公が、ある日尾行相手にばれてしまう。その相手に興味を持った主人公が事件に巻き込まれるストーリー。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

レッド・ドラゴン

red.jpg

タイトル:RED DRAGON
製作  :2002年
監督  :Brett Ratner
出演  :Anthony Hopkins、Edward Norton、Ralph Fiennes

トマス・ハリス原作「ハンニバル・レクター三部作」の第一作目に当たる『レッドドラゴン』。
二作目は言わずと知れた『羊たちの沈黙』、その続編として作られたのが『ハンニバル』。
『レッドドラゴンは』映画的には最後の作品だが、原作的には最初の作品。

主人公FBI捜査官グレアム演じるエドワート・ノートンがひょんな切っ掛けで今まで犯人逮捕に助言をくれていたレクター博士自身が犯人であるとわかり、逮捕することとなる。
精神的に参ってしまったグレアムはFBIを退くが、ハーヴェイ・カイテル演じる上司に今起きている事件の協力を求められ、捜査するが行き詰まり檻の中にいるレクター博士に再び助言を求めに行く。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

ブロウ

blow.jpg

タイトル:BLOW
製作  :2001年
監督  :Ted Demme
出演  :Johnny Depp、Penelope Cruz、Ray Liotta

実在した麻薬のディーラー、ジョージ・ユングの半生を描いた映画。
こういった伝記系の映画は評価するのが難しいのだが、映画単体として捉えるのなら楽しめました。

マリワナ、コカを扱う映画なので激しい感じの映画かと思ったが、実際の話なだけにあまり激しさは無く、泣き所もあった。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ホステージ

HOSTAGE.jpg

タイトル:HOSTAGE
製作  :2005年
監督  :Florent Siri
出演  :Bruce Willis、Kevin Pollak、Jonathan Tucker

ジェフ・タリー(ブルース・ウィルス)はある事件をきっかけにLAPDでの交渉人を辞め、田舎町の署長として暮らす。ある豪邸で若者3人が立て篭もり事件が起こり、思いもよらぬ状況ににタリーが巻き込まれて行く。

オープニングのCGがとても素晴らしい出来になっていて、不安感を誘うような雰囲気も出ていたのでかなり期待して本編を観る事が出来る。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

肌の隙間

sukima.jpg

タイトル:肌の隙間
製作  :2004 日本
監督  :瀬々敬久
出演  :不二子、小谷健仁、吉村実子、
      三浦雅巳、飯島大介

重い空気を漂わすこの作品は、主人公である二人が殻を
破り世界に初めて触れるとき、そして初めて息をすると
きの空気の重さをシンプルな映像と台詞で構築しており、
その剥き出しの世界を観ているものに主観的視点で体験
させるので、それはこちらも重くなると。ただ本来世界
とはこのようにわたし達にとって重さを感じさせるもの
であるからこそ、その重さを取り払うために、わたし達
はあれやこれやと奔走している。では自閉している、つ
まりコミュニケーション不全である者はいかにその重さ
を取り払うことができるか。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

28日後...

28.jpg

タイトル:28 DAYS LATER...
製作  :2002 イギリス、アメリカ、オランダ
監督  :Danny Boyle
出演  :Cillian Murphy、Naomie Harris、
      Christopher Eccleston、Megan Burns


とにかく理由もなくものすごい勢いで追いかけられるのが、怖い。
怖いと言うかヘンな興奮をしてしまいますね。必死になることがで
きるというか。でもそれはスポーツっぽいですね。だから陰惨でコ
コロに巣くう恐怖ではないです。
「28日後」は新種のウィルスが蔓延し、それに感染した人は怒りで
人を襲うという設定なのですが、見かけはゾンビです。その上、走
るゾンビ。これは「ゾンビ」のリメイクである「ドーン・オブ・ザ・
デッド」と似ている設定で、ゾンビが走ったら「鈍足であるのがゾ
ンビのよさなのに」なんて思ってしまうのだが、ウィルスだったら
まあいいかなんて思ってしまうから、すんなり観れるわけです。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

機動戦士Zガンダム −星を継ぐ者−

z.jpg

タイトル:MOBIL SUIT Z GUNDAM A New Translation
製作  :2005年
監督  :富野由悠季
声優  :池田秀一、飛田展男、古谷徹

Zガンダムが劇場版になった訳なのだが、今回は第1部目。TV版全50を3部作として、富野由悠季が新説といった解釈で作り直したわけです。
といっても全て書き直したわけではなく、昔の映像の要所要所を切り張りのような形で継ぎ合わせ、戦闘シーンなどを主に書き直し、アフレコし直した感じになっている。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 10:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ハウルの動く城

howl.jpg

タイトル:ハウルの動く城
製作  :2004 日本
監督  :宮崎駿
出演  :倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、
      我修院達也、神木隆之介

キムタクが声優っってことで話題にもなってい
た宮崎駿監督の最新作。カルシファーは駿しか
作図出来ないらしい。わたしは2回見たのですが、
一回目はハウルとソフィーが空飛んだだけで泣い
てましたよ。

続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。