2005年04月01日

十二人の怒れる男

12.jpg

タイトル:12 Angry Men
製作  :1957年
監督  :Sidney Lumet
出演  :Henry Fonda、Lee J. Cobb、Jack Warden

近年CGやカメラワークなどで映画もだいぶ代わってきたが、この映画を見ると映画の軸となる脚本と演出がいかに大事なものかがわかる。

17歳の黒人が父親を殺したとされる殺人事件。陪審員による討論が始まる。
この界隈ではそんな事件は珍しくも無く、満場一致で有罪かと思われた。
しかし8番の陪審員を演じるヘンリーフォンダは、一つの証拠に疑問を抱き有罪と決めるには早いと主張する。
そこから物語りは密室で繰り広げられる男たちの感情的、理論的な討論に入っていく。


続きを読む
posted by つるっと温泉卵 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(43) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。